読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

往来写簡

あなたの自由を見つける移動写真館『写真箱』を開催しております。 日々笑って暮らせる、そんな写真を撮っています。

萬五郎

悶絶の向こう側に何がある。

萬五郎ロスからの明日は酒田です。 その前に、いつものカフェラボでリセット。 新しい豆のコーヒーをいただく。 やっぱり美味しいのです。間違いなく。 修平さん曰く、 最近の米沢ますますおもしろくなってきたなぁ。 だよね、私もそう思う。 萬五郎然り、 …

先生と萬五郎。つづき

バランス。 それぞれの役割のバランス。 表現としての光と暗闇。 光が全てでも暗闇が全てでもなく。 光によって暗闇は作られ、暗闇によって光が見える。 大きな光源ほど広くやわらかく、 小さな光源ほど狭く鋭い。 大きな光は鈍感で何でもかんでも明るくする…

先生と萬五郎。

先生は、東京の有名な大学の先生です。 たぶん、偉い先生。 荷物の整理をする為に、萬五郎に帰ってきています。 私が訪ねていくと、 「ここの荷物はほとんど研究の資料でね、 片付けるっていっても簡単に捨てられないから困ったもんだ」 と、奥の部屋から出…

雲の上と雲の下。

米沢は深々と雪。 週末の萬五郎での宴。 止まった時計がゆっくりと動き出すように、 人の気が入り、灯りがともる。 撮った写真を いち早く届けたくて編集したり。 ちょうど上がって来た写真箱のプリントを発送したり。 タイミングよくご飯のお誘いが来たり。…

明日は写真箱。来週は萬五郎。

古民家萬五郎。 米沢の端っこ、大峠の一歩手前にあります。 雪の多い米沢でも、ここは別格。 超豪雪。 街中にまったく雪の無い今年でも 萬五郎は積もってる。 お写真は芋煮会を兼ねての雪囲いの時。 年明けて、 来週はここで すす払い&餅つき&雪見酒。 イ…